【PSO2NGS】ベンチマークソフトの使い方と動作検証方法

こんにちは!
PSO2NGSのキャラクタークリエイトが体験できるベンチマークソフト『PSO2:NGS Character Creator』(Windows PC版)が2021年5月25日(火)に公開されましたね。

ベンチマークソフトのダウンロード方法、使い方、ベンチマークスコアの評価の見方をサクッとまとめていきます。

よければ続きをどうぞ!

ベンチマークソフトをダウンロードする

※ダウンロードはPCのみとなってます。動作環境と規約をよくご確認の上、ダウンロードしてください。

動作環境
OSWindows 8.1 64bit日本語版 または Windows 10 64bit日本語版
ファイル名PSO2NGSCHARACTERCREATOR_SETUP.zip
ファイルサイズ約2.7GB
HDD空き容量約2.7GB

ファイルサイズが約2.7GBあるので、時間帯や環境によっては10~30分かかります。ダウンロード後は『PSO2NGSCHARACTERCREATOR_SETUP.zip』を解凍(すべて展開)し、中に入っている『PSO2NGSCHARACTERCREATOR_SETUP.exe』を起動し、指示に従ってセットアップします。

ベンチマークソフトをインストールする
これで準備は完了です。デスクトップにベンチマークソフトのアイコンが作成されているはずなので、それをクリックして開始します。

ベンチマークソフトの使い方

ベンチマークソフトの開始画面
ベンチマークソフトで出来ること

  1. NGSのキャラクタークリエイトを体験
  2. クリエイトデータはNGSで利用可能
  3. ベンチマーク機能で動作確認
  4. 計測中のムービーに自キャラが登場

キャラクタークリエイトを体験して、作成したキャラを保存して、ベンチマーク機能で動作を確認。

計測中のムービーには、主人公アッシュの代わりに保存した自キャラが登場するので、ベンチマーク測定と同時に、自キャラの完成度を確認できます。

というわけで早速キャラクタークリエイトやっていきましょう。

キャラクリ体験

キャラクターの編集画面
キャラクタークリエイト開始後は、種族設定、体型タイプ設定、キャラクターベース設定と進み、編集画面へと移動します。編集項目が多いので初めての人は戸惑うかもしれませんが、何度でもやり直せるので、自由にキャラメイクを楽しんでください。

PSO2モデルとNGSモデルの仕様の違いや、細かなルールがけっこうありますが、体験版ではあまり気にしなくていいと思います。

顔ベースタイプから選んで作る
作るのが難しい時は「かんたん編集」から好みの顔ベースタイプを選んで、パーツの配置など、じっくり観察してみるといいです。

オリジナルキャラクターを作成
そんなこんなで、私も自分のキャラクターを作成してみました。(あんまり可愛くない…w)

クリエイトデータを保存する
クリエイトデータは編集メニューの「クリエイトデータの管理」から書き込みと読み込みができる他、クリエイト完成後にも保存ができます。

すでにある保存データと同じ名前を付けると、データが上書きされます。

クリエイトデータの保存場所

クリエイトデータは「ドキュメント」→「SEGA」→「PHANTASYSTARONLINE2_NGS_CHARACTERCREATOR」の中に保存されます。

クリエイトデータの保存場所
ちなみにベンチマークソフトのスクリーンショットは、「ドキュメント」→「SEGA」→「PHANTASYSTARONLINE2_NGS_CHARACTERCREATOR」→「picture」の中にあります。

ベンチマークソフトのスクリーンショット保存場所

ベンチマーク測定

ベンチマークとはお使いのPCでNGSがどの程度動作するかの指標となるスコアを測定することです。測定中はキャラクターが活躍するムービーが表示され、測定は自動で行われます。

測定中のムービー
ムービーに自キャラを登場させたい場合は、必ず一度、キャラクタークリエイトでクリエイトデータを保存する必要があります。クリエイトデータが複数ある場合、最後に保存したキャラが登場します。

測定結果の見方はこちら。

ベンチマーク測定結果

スコア評価評価内容
~5000処理負荷によって動作が重くなる。オプションの簡易グラフィック設定を下げて試すこと。
ただし、既に設定1の場合はNGSの快適な動作は保証されない。
5001~10000★★標準的な動作が見込める。
オプションの「簡易グラフィック設定」が5以下の場合は、より上の設定を試しても良い。
10001~★★★快適に動作すると思われる。
オプションの「簡易グラフィック設定」が5以下の場合は、より上の設定を試しても良い。

※画像の測定結果は「設定5:スーパー」の結果です。

参考スコア

参考までに、私とチムメンのPCスペックと設定(ウルトラ/フルHD)とベンチスコアです。

参考(1

PCのスペックとスコア参考(1

スコア10245
OSMicrosoft Windows 10 (build 19041).64-bit
CPUIntel(R) Core(TM) i7-7700K 4.20GHz
GPUNVIDIA GeForce GTX 1070
設定設定6、FHD

上に載せているベンチスコア画像と同じPCです。設定6、フルHDで計測しなおすと、スコアが約半分になりました。

参考(2

PCのスペックとスコア参考(2

スコア20708
OSMicrosoft Windows 10 (build 19041).64-bit
CPUIntel(R) Core(TM) i7-8086K 4.00GHz
GPUNVIDIA GeForce GTX 1080 Ti
設定設定6、FHD、チューニング済み

3年前のガレリアPC。買う時にショップでチューニングして貰ったそうです。スコア2万あれば快適に遊べるでしょう。

参考(3

PCスペックとスコア参考(3

スコアシングルモニター:32448
デュアルモニター:32410
OSMicrosoft Windows 10 (build 19042).64-bit
CPUAMD Ryzen 5 5600X 6-Core Processor
GPUNVIDIA GeForce GTX 3070
設定設定6、FHD、自作、水冷仕様

自作PC。使用電力を最低限に抑える仕様で、HDDは非搭載。内部ストレージを全てSSDにして、HDDのもたつきを無くしたとか。

フレームレートは平均130fps~179fpsで、戦闘負荷の大きいときは80fpsほどまで落ちたそうですが、消費電力など総合的に見て上等すぎるスペックです。

簡易グラフィック設定の変更

簡易グラフィック設定の変更
タイトル画面「オプション」→「グラフィック」→「簡易グラフィック設定」から、グラフィック設定を一括変更します。

グラフィック設定は「1:最低」から「6:ウルトラ」まであります。

以上、ベンチマークソフトの使い方と動作検証方法でした。

【追記】NGSサービス開始日が決定しました。開始日までに知っておきたいことまとめはこちら。


「画像はPHANTASY STAR ONLINE 2 NEW GENESIS Character Creatorにおいて撮影された実機画像です。」

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト:https://pso2.jp/