自動でシフタデバンドする武器の作り方とメリット
スポンサーリンク

こんにちは!
今回は自動でシフタデバンドする武器の作り方です。クエスト中ずっと一定間隔ごとに発動するので攻撃の手を止める必要がなく、シフデバ分のPP消費もゼロに抑えられます。シフデバが重要な役割であるテクターのウォンドや、シフデバで自身を強化するスキルを持つバウンサー向けの内容です。

作り方はとっても簡単。

よければ続きをどうぞ!

この記事で分かること
  • 自動シフデバ武器の作り方
  • 必要な素材と入手場所
  • 自動シフデバのメリット
スポンサーリンク

自動シフデバする武器の作り方

自動シフデバ武器の作り方その1
▲マイショップでS級特殊能力「S2追加:時流の護」「S3追加:時流の勇」を購入します。私が購入した時は、S2:時流の護が2.6m、S3:時流の勇が10mでした。

自動シフデバ武器の作り方その2 自動シフデバ武器の作り方その3
▲購入したS級能力を1つずつ武器に追加します。今回はアトラウォンドに追加しました。S1能力はこの画像では適当です。

自動シフデバ武器が完成
▲自動シフデバ武器はこれで(ひとまず)完成!

「S2:時流の護」「S3:時流の勇」の効果

S2:時流の護 一定間隔で自身にデバンドを発動する
S3:時流の勇 一定間隔で自身にシフタを発動する

一定間隔とは14秒毎です。自身が覚えているレベルのシフタ・デバンドが発動します。

入手法は、マイショップで購入できるほかに、予告緊急クエスト「終の艦隊迎撃戦」で低確率で入手できます。

自動シフデバ武器のメリット

  1. 14秒毎にシフデバ発動
  2. Fiスキルやスキルリングのアドレナリン効果が乗る
  3. テクターの補助系スキルの効果が乗る
  4. ザンバースなど他の補助テクニックの効果と共存する

アドレナリン効果でシフデバ15秒→30秒になりますが、S級能力の効果が14秒毎なので、アドレナリンなしでも途切れることはありません。

テクターの補助系スキルについてですが、デバンドタフネスは確実にのります。タフネスが乗るならデバンドカットも乗ると思います。パーティーアシストを覚えていれば、パーティメンバー全員に自動シフデバの効果がかかります。

さらに重要なのが、他の補助テクニックと効果が共存すること(共存という言い方が正しいか分かりませんが)。


▲自動シフデバの効果確認用動画。再生時間48秒。

通常はシフタ・デバンド・レスタ・ザンバース・メギバ―スといった補助テクニックは1つしか発動せず、チャージレスタ使用後すぐに別の補助テクニックを使うと、通常4回発生するレスタが2回で止まったり、ザンバース中にシフタを使うとザンバースの効果が掻き消えていました。S級能力を利用した自動シフデバでは、ザンバース中に自動シフデバが発生してもザンバースは消えません。チャージレスタも最後まで発生します。

シフデバと、もう1つ補助系テクニックを同時に使えるようになります。これはかなり大きなメリットです。

最後に

最後に自動シフデバ武器の作り方とメリットをまとめておしまいです。

  • 作り方は「S2:時流の護」「S3:時流の勇」を入れる
  • 必要なS級能力はマイショップ購入可能
  • 効果は14秒毎にシフタ・デバンドが発動する
  • 最大のメリットは他の補助系テクニックと共存(重複)する

数多いテクターの仕事の中からシフデバを省けるので、クエスト中の操作がかなり楽になります。効果範囲外にいる人には近づいて手動でかけてあげないといけませんけどね。シフデバが重要なクラスにおすすめです。

私も早くアトライクスにアップグレードしてこの武器使いたいです(素材が足りない~~)。

ではでは今回はここまで。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク