フードデバイス/技量を検索している
スポンサーリンク

こんにちは!
今回は、新クラス「ファントム」用の技量特化200マグを作る方法です。ファントムのスキルには「ファントムマグ」というものがあり、その効果は「マグの技量の支援レベル値がそのまま打・射・法に加算される」というもの。

例えば技量200の特化マグを装備した場合、打・射・法に+200されます。となると用意するなら技量特化が一番ですよね。というわけで、技量特化マグを効率よく作る方法をまとめていきます。

EP6でPSO2を始める人に特におすすめの内容です。よければ続きをどうぞ!
※この記事は実装前の情報を基に作成しています。

この記事で分かること
  • 数分で技量特化マグを作る方法
  • メセタを使わずのんびり育てる方法
  • 2体目以降のマグの入手法
スポンサーリンク

もっとも簡単に技量200にする方法

フードデバイス/技量ミニの交換方法
一番簡単なのは、ショップエリア2階フォトンドロップ交換ショップで、「フードデバイス/技量ミニ(3個)」を交換して使うことです。交換にはフォトンスフィアが2個必要です。支援レベル0→200まで上げるには、大量のスフィアが必要ですが、この方法なら、ロビーから出ずに数分で技量特化マグを作ることができます。

フォトンスフィアの入手法
マイショップで1個から購入できます。他にもリサイクルショップで不要な装備と交換できます。クエストではEトライアル報酬、アークス模倣体からドロップします。カジノエリア・アルトのオーダー報酬や、ストーリークエストのクリア報酬などでも入手する機会があります。

マイショップのみで完成させる

マグの技量支援を上げるアイテムを、マイショップから購入することができます。

  • フードデバイス/技量ミニ
  • フードデバイス/技量

フードデバイス/技量ミニは上で紹介した交換品と同じものです。フードデバイス/技量は、ミニよりさらに大きく技量支援能力を向上させてくれるアイテムで、そのぶん、1個の価格がミニの約30倍します。※2019年3月時点

フォトンスフィアを買って交換するか、マイショップから直接購入するかは、お好きなほうで。

少しでもメセタを節約したいなら、フードデバイス/技量ミニ3個の価格と、フォトンスフィア2個の価格を見比べて決めるといいですね。

メセタを使わずのんびり育てるなら

フードデバイスを使わず技量特化マグを作るなら、クエストで拾える「ディスク」を使います。ディスクならPA・テクニック関係なく何でもOK。技量支援レベルだけを伸ばしていくことができます。

マグのエネルギーが満タンでディスクを与えられない
なお、ディスクなどのアイテムを与えた場合、マグのエネルギー(満腹度のようなもの)が溜まり、エネルギーが下がるまで次のディスクを与えることができなくなります。ディスク3枚でエネルギー0%から100%になります。エネルギーが減る➡ディスクを与えるの繰り返しになるため、技量支援200になるまでかなり時間がかかります。

スポンサーリンク

無料マグの入手法と増やし方

いずれかのクラスをレベル5にして、クエストカウンターにいるコフィーのクライアントオーダーを達成すると、無料マグを1つ貰えます。無料でもらえるマグは、キャラクター1人につき、この1体だけ。

同アカウント、同シップ内でも、マグを別のキャラクターに渡すことはできません。

2体目以降を入手するには

マグ獲得チケットの価格
ACショップで販売されている「マグ購入チケット」を購入して使用します。マグ購入チケットは1枚300AC。キャラクター1人につき最大20体のマグを登録できます。こちらで購入したマグも、別キャラクターに渡すことはできません。

サブキャラに新しいマグが必要になったときも、マグ購入チケットを買って登録することになります。

間違えて技量以外の能力を上げてしまったら

ショップエリア2階エクスキューブ交換ショップにある「マグレベルダウンデバイス」で、支援レベルを1つだけ下げることができます。交換にはエクスキューブ50個も必要なので、マグ育成はなるべく慎重に行うようにしましょう。(技量マグなら大丈夫だと思いますが)

マグレベルダウンデバイスはAC500で購入することもできます。

最後に

最後にファントム用マグの育成方法・入手方法のまとめです。

  • フードデバイスなら簡単にすぐ特化マグが作れる
  • ディスクを食わせてのんびり育てる方法もある
  • 2体目以降のマグはAC300で購入して登録する
  • 誤って別の能力を上げてしまったらマグレベルダウンデバイス

エピソード6で新規プレイヤーが増えることを考えて、改めて技量特化マグの作り方を書いてみました。ファントム実装直後は、フードデバイス/技量の価格が高騰する可能性もあるので、早めに作り始めるのがおすすめです。

ファントム関連情報のおさらいはこちらのまとめをどうぞ。

ではでは今回はここまで。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク