マナレヴリーの性能と作り方まとめ
スポンサーリンク

こんにちは!
今回は、2018年12月5日の特殊能力「マナ・レヴリー」の作成方法のまとめです。「打撃+50、射撃+50、法撃+50、HP+20、PP+4」という高性能の特殊能力。作成に必要な素材成功確率が気になりますよね。

よければ続きをどうぞ!

この記事で分かること
  • マナレヴリーの特徴と性能
  • マナレヴリー素材の作り方
  • 武器とユニットに効率よく付ける方法
スポンサーリンク

マナレヴリーとは

マナレヴリーは2018年12月5日に実装された能力。現在「レヴリー」が付く能力はエルダーレヴリー、オメガレヴリーなど6種類ありますが、マナレヴリーは、これまでのレヴリーとは少々異なる性質を持っています。

マナレヴリーの特徴

  1. ドロップ品に付与されない
  2. 入手するには自分で作成する
  3. 他のレヴリー系と異なり「マイナス」能力がない

これまでのレヴリーはドロップ品を入手できたのに対し、マナレヴリーは特殊合成でのみ出現します。そのため作成方法・入手方法が、その他レヴリーに比べ難しいです。そのぶん、労力につり合う優秀な性能を持っています。

マナレヴリーの性能

名前 HP PP 打撃 射撃 法撃
マナレヴリー +20 +4 +50 +50 +50

1つの能力でHP+20、PP+4、打射法撃+50。特に打射法撃の補正がトップクラス。現在、能力1つで打射法+50できるのは、マナレヴリー、グレース系アイテム、マークアンガル、ディバインオーダー、イクシードエナジーの5つだけです。

ディバイン系とイクシードエナジーは継承不可、マークアンガルはユニットに付ける手段がありません。なので合成・継承可能な能力の中では、マナレヴリーの打射法撃が最高となります。

PP+4もかなり優秀。

特殊合成で作る能力と性能比較

名前 HP PP 攻撃 防御 技量
マナレヴリー 20 4 打射法+50 0 0
エーテルファクター 10 6 打射法+30 打射法防+30 30
リターナーⅤ 30 5 打射法+30 打射法防+30 30
クラックⅤ 50 2 打射法+30 打射法防+50 0

攻撃面は申し分なし。打射法防御の補正がないので、耐久ユニットを作る際には、他の能力を選んだ方が良いかもです。

マナレヴリーの作り方

マナレヴリーの作り方

  1. レヴリーカタリストを4つ作る
  2. オメガメモリアを1つ作る
  3. レヴリーカタリストとオメガメモリアを合成する

マナレヴリーを作り出すには、「レヴリーカタリスト」を4つと、「オメガメモリア」という能力を素材にします。

レヴリーカタリストの作成方法

レヴリーカタリストのレシピ
レヴリーカタリストを作るには、オメガダークファルス系からドロップする5つのレヴリー系を合成します。

レヴリーカタリストの必要素材

  • エルダーレヴリー
  • アプレジナレヴリー
  • ルーサーレヴリー
  • ダブルレヴリー
  • ペルソナレヴリー

レヴリーカタリストの成功確率は10%。

報酬期間中に成功確率+40%を使用しても60%の確率です。これを4つ作らないとマナレヴリーは作成できません。能力保護アイテムなどをうまく使うようにしましょう。

オメガメモリアの作成方法

オメガメモリアのレシピ
オメガメモリアの必要素材

  • オメガレヴリー
  • ファーブラソール
  • イストリアソール

オメガメモリアの成功確率は10%。オメガメモリアは1つ作成できれば大丈夫です。

オメガメモリアの詳しい作り方はこちら。

マナレヴリーを作る

マナレヴリーのレシピ
ここまでに作成した、レヴリーカタリスト4つと、オメガメモリア1つを合成してマナレヴリーを作り出します。

マナレヴリーの必要素材

  • レヴリーカタリスト
  • レヴリーカタリスト
  • レヴリーカタリスト
  • レヴリーカタリスト
  • オメガメモリア

マナレヴリーの成功確率は60%

レヴリーカタリストとオメガメモリアを入手できれば、最後は通常期間中も成功率+40%使用で100%完成させることができます。

なお、マナレヴリー同士をいくら重ねても継承はできません。

スポンサーリンク

レヴリーカタリストの因子について

成功率10%のレヴリーカタリストを100%付けられる方法です。どちらも運が必要ですが、知っておくと、作成費用が浮いて得します。

星13・14シオンシリーズの因子を利用する
武器作成にのみ使える方法です。レヴリーカタリストは、星13深遠シオンシリーズ、星14星震シオンシリーズを強化+35にした時に解放される因子でもあります。

エピソード6から星13武器も最大強化値+35でドロップするようになったので、運よく多スロットを拾ったら、因子を開放してそのまま素材に利用することができます。強化費用はかかりますが、成功率+10%のマナレヴリーを100%付けられるので、合成費用はかなり節約できるかと思います。

マスクオブヴェインを掘って利用する
こちらはユニット作成にのみ使える方法です。ソロ用アルティメット「領域調査:異世界の残滓」のオメガマスカレーダからドロップする星12ユニット「マスクオブヴェイン」は、レヴリーカタリストが付与された状態でドロップします。

ソロ用アルチは難易度が高く、マスクオブヴェインのドロップ率はとても低いですが、もし運よく多スロットを拾うことができたら、そのまま素材に使用するのもありですね。

最後に

最後にマナレヴリーの重要情報のまとめです。

  • マナレヴリーの性能は打射法+50、HP+20、PP+4
  • レヴリーカタリスト×4とオメガメモリアで成功確率60%
  • レヴリーカタリストとオメガメモリアの合成確率は10%

マナレヴリーに必要な素材の合成確率がどちらも10%と、非常に厳しい数字ですが、そのぶん高い能力を持っています。

その他レヴリー系の性能と継承方法はこちらの記事にまとめています。

マナレヴリーとマークレセプターを使った攻撃力220盛りレシピはこちら。S1~S3を付けても、200盛り以上を作ることができます。

ではでは今回はここまで。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク