スポンサーリンク

こんにちは!
今回はファントムロッドの戦い方についてです。ファントムロッドはプレイヤーのテクニックカスタマイズ状況や、プレイスタイル、スキル振りで、さまざまな戦い方があります。

初めてファントムロッドを触る人は、どう戦えばいいのか、テクニックは何を使えばいいのか迷ってしまいますよね。そこで、テクニックを交えたファントムロッドの戦い方の解説と、おすすめのテクニックを紹介していきます。

初心者さん向け内容です!よければ続きをどうぞ!

この記事で分かること
  • ファントムロッドの基本情報
  • テクニックを取り入れた戦い方
  • おすすめテクニックカスタマイズ
スポンサーリンク

ファントムロッドの戦い方

まずは基本情報から。ファントムロッドは法撃依存の打撃属性。なので武器を作るときはロッドは法撃盛りで作ります。ですが打撃出力なので、法撃攻撃の威力上昇する系の能力は乗らない模様。

武器アクション(ファントムシフト)は、ロッドから高速弾を1発射出します。チャージすると前方広範囲を刈り取る挙動へ変化。驚くほど広範囲まで届きます。雑魚の群れにはPAを使うよりチャージ武器アクションで一掃するのが早いです。

テクニックについて

テクニック使用時に、ファントム独自の専用アクションが発動します。チャージ中は人魂の姿になり、ボタンを離すと斬撃(テクニックアタック)を放ちます。この斬撃はレスタなど補助系テクニックでも発動し、わずかですがPPを回復させます。

テクニックの中にはテクニックアタックが発生しないものもあります。

  • 零式サフォイエ
  • ナバータ
  • 零式ナバータ
  • イルゾンデ
  • ナゾンデ
  • ノンチャ零式ギグランツ

優秀な回避とPAのガードポイント

ファントムロッドはテクニックチャージ中に人魂のような姿になり、長めの無敵時間が発生します。スキル「ステルステックチャージ」を取得していると、チャージ中の移動が高速に。

この独特の回避手段が非常に優秀で、ほぼ全てのテクニックチャージで発動するため、敵の攻撃に合わせてステルス回避→チャージテクと繋げることができます。また、ロッドPAにはガードポイント・無敵時間が存在するものがあり、これを把握してステルステックチャージと合わせれば、回避と攻撃を一体化させることも。

ロッドPAのガード・無敵時間発生の例

フェルカーモルト ボタンを離す時にガードポイント+1Hitして敵にスタン効果
シュヴァルツカッツェ 1Hit後に無敵時間を伴って後方へ離脱

個人的にはフェルカーモルトのガードポイントがとても気に入っています。フェルカーガードとステルス回避を組み合わせた立ち回りが確認できるよう、項目の最後に動画を載せています。

PPを枯渇させない立ち回り

基本的に、通常攻撃を当ててのPP回復はあまり期待できません。零式ラメギドや、フェルカーモルト(シフト)のダメージフィールド展開による回復も、やってみると微々たるもののような…

ファントムロッドでPPを大きく回復する手段は主にこの3つです。

    1. カウンターショット(PP20回復)
    2. ファントムマーカー最大時(PP20回復)
    3. マーカーの起爆(1段目30回復/2段目50回復)

3つとも必要スキルを取得している場合に発動します。カウンターショットは敵の攻撃をステップ回避した時に攻撃弾を1つストックし、その攻撃弾が当たったときにPPが回復します。

可能な限りステップ回避を決めてPPを回復し、回避が間に合わない・難しい場合は、先ほどのステルステックチャージなどで回避すると良いですね。

マーカー起爆によるPP回復は、効果が非常に大きいです。雑魚が多い緊急ではマーカーが付いたら即座に起爆してスピードを上げ、レイドボスなどでは可能なら2段階まで溜めて起爆しましょう!

テクニックカスタマイズは必須

これはテクニックを扱う全てのクラスに言えることですが、テクニックカスタマイズは必須です。

自分でやるのが大変な時は、「ビジフォン→クラフト→クラフター検索→テクニックカスタマイズ」から、他プレイヤーにテクカス依頼をすることができます。依頼するときは必ず「レシピ3」から選んでください。

クラフト依頼のやり方と完成品の受け取り方はこちらにまとめています。

また、マイショップから購入することも可能です。名前が分からないときは「カテゴリーの設定→カスタムディスク→欲しい属性のテクニック」から探せます。購入するときは、カスタマイズ性能が「黄色文字」で書かれているものを買うようにしましょう。黄色の数字は、カスタマイズ大成功時に付く優れた能力という意味です。

テクニックカスタマイズディスクの購入方法
ロッドPAのみ使用してテクニックは使わない戦い方の人も、補助系テクニックだけはカスタマイズしておいた方がいいです。

アイゼンフリューゲルのタリスは使わなくてもいい

アイゼンフリューゲルはタリスを投げるPAです。このPAから放たれるテクニックはチャージ時間が半分になります。

フォースのタリスのように威力120%(スキル取得時)されるとかではないので、肩越しで狙いたいといった特別な理由がない限り、ロッドからのテクニック射出で良いと思います。

立ち回りの確認用動画


▲Phレベル83、ソロアルティメット1階層、15武器不使用。再生時間3分40秒ほど。

ここまで解説した回避、ガード、カウンター、PP回復を意識した立ち回りの動画です。カウンターが決まるとカキン!という音がするので分かりやすいです。初心者さん向けの内容です!なるべくシンプルに、確認しやすいようプレイしました!

攻撃ではドッジカウンターショット、フェルカーモルトの最後の蹴撃がなかなか良いダメージを出しています。

Phにおすすめテクニックカスタマイズ

ここからはファントムにおすすめのテクニックカスタマイズを紹介していきます。

零式ラ・メギド
Phにおすすめテクニック零式ラメギド
ファントム紹介映像でも何度か登場した零式ラメギドです。1Hitあたりの威力は非常に低いですが、エネミーに密着した場合の総ヒット数は、チャージ時66~70。雑魚エネミーにはヒットストップがかかります。

零式ギ・グランツ
Phにおすすめテクニック零式ギグランツ
自身を中心に回転する光の剣を展開し、PPを消費して持続的な攻撃を行います。一定時間後にボタンを離すと光の大剣となって周囲に追撃を与えます。範囲攻撃として優秀。

閃光のイル・グランツ
Phにおすすめテクニック閃光のイルグランツ
閃光のイルグランツは威力が上昇し、PP効率は少し良くなります。射程は短いものの、旋回性能が高く、射程内であればほぼ全弾当たります。全テクニックの中でもDPS(1秒間に与えるダメージ量)が高くておすすめです。カスタムしていないイルグランツを野良で多用するのはやめましょう。

集中のラ・グランツ
Phにおすすめテクニック集中のラグランツ
ノンチャージで1Hit、チャージで5Hitする光の槍を前方に放ちます。敵に密着して撃つと即座にヒット。集中のラグランツはDPSが高く、チャージ時間を短縮できるため、近距離での使用を楽にしてくれます。

数多のナ・グランツ
Phにおすすめテクニック数多のナグランツ
待ち時間に置いて敵を誘い込んだり、状態異常を付着したいときに便利なPAです。

数多/氷牙のラ・バータ
テクニックカスタマイズしたラバータ

レシピ メリット デメリット 特殊効果
数多のラバータ 発動間隔-0.40秒 威力-20%~-8% 状態異常発生率+4%
氷牙のラバータ 威力+190%~+250% 状態異常発生率-25%~-15% なし

発動間隔を取るか、威力を取るか、ここは本当に好みで選ぶしかないです。私は状態異常発生率のために数多のラバータにしています。けっこうな頻度でエネミーが氷漬けになるので気に入ってます。マーカー蓄積も早く感じます。

※凍結により吸引できなくなるため、マルチでは状況を見て使用を控えるか、または先にゾンディでまとめてから使うようにしてください。

効率のサ・ザン
Phにおすすめテクニック効率のサザン
扱いやすい、吸い込みがある、PP効率がトップクラスという理由でおすすめします。

補助系テクニックほぼ全て
レスタ、アンティ、シフタ、デバンド、ゾンディール、必要ならザンバースとメギバ―スまで。カスタマイズするだけで範囲が広がるものもあるので、やっておいて損はないです。

この他、余裕があればイルゾンデ(移動用)、イルバータ、イルメギド、イルザン、ギバータ。ペルソナ緊急クエストの双子形態にフリーズを狙うのであれば、氷牙のバータにカスタマイズするのがおすすめです!

スポンサーリンク

最後に

最後に初心者さんに伝えたいファントムロッドの戦い方のまとめです。

  • 法撃依存の打撃属性攻撃
  • テクニックチャージ中は無敵時間の長い人魂になる
  • テクニックカスタマイズは必須
  • カウンターショットでPP20回復
  • マーカー起爆2段目でPP50回復
  • アイゼンフリューゲルのタリスは使わなくてもいい

実際にやってみて「テクニック+ドッジカウンターショット」だけでも相当強いという感想です。

4月24日の大型アプデで多くのテクニックに上方修正が入り、テクカスなど、改めて見直す良い機会になりました。何年もテクカスをやっていない人は、是非、今のテクカス状況を確認してみてください。威力などかなり変わっているものがあります。

ファントムロッドのスキル振りについては、こちらに参考情報とおすすめスキルツリーを載せています。

スキルリング選びに迷ったらこちらの記事をどうぞ。

ではでは今回はここまで。最後までお付き合いいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 匿名 より:

    ラ・バータの凍結はゾンディなどの吸引を阻害することが多いから、マルチの時は止めといた方が良いぞ。下手したら地雷認定されかねない。

    • ミーナ より:

      >匿名さん
      コメントありがとうございます。
      確かに広い場所で敵がバラけている状況では使用を控える、または先にゾンディで集めてから使用したほうがいいですね。一言追記しておきますね!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください