【PSO2】セイムアーツPPセイブについて【Etスキル】

こんにちは!
今回は後継クラス「エトワールEt」スキルのセイムアーツPPセイブについてです。同じPAを連続使用することで消費PPが減っていく効果で、サブクラス時も有効。

スキルレベルによる消費PPの違いや豆知識、他のスキルと併用するときの注意点などまとめていきます。

よければ続きをどうぞ!

この記事で分かること
  • セイムアーツPPセイブの効果
  • 知っておきたいこと
  • テックアーツカウントボーナスとの併用について

セイムアーツPPセイブの効果

セイムアーツPPセイブの効果

効果Lv1Lv2Lv3Lv4Lv5
減少率10%9%8%7%6%
減少率上限10%15%25%35%45%
効果Lv6Lv7Lv8Lv9Lv10
減少率5%5%5%5%5%
減少率上限55%60%65%70%80%

効果は、「コンボ中に同じPAを連続で使用した回数によって消費PPを減少する。消費PPの減少には上限がある」。サブクラス時有効ですが、テクニックには効果なし。

知っておきたいこと


▲セイムアーツPPセイブ参考動画。再生時間1分5秒。

消費PP20のPAを連続使用し、消費PPの減少率と減少率上限を確認しています。スキルレベル1~10まで撮ると長くなるので、レベル1と2と10の効果を撮影してきました。

減少率上限までに必要なPA回数

スキルレベルLv1Lv2Lv3Lv4Lv5
上限到達に必要な回数1回2回4回5回8回
スキルレベルLv6Lv7Lv8Lv9Lv10
上限到達に必要な回数11回12回13回14回16回

同PAを連続使用した時、スキルLv1では1回使用で減少率上限に達し、次のPAからコンボが途切れるまで効果が持続します。スキルLv2では2回使用で上限に達し、スキルLv10の最大時では上限に達すのに16回のPAを使う必要があります。

PP消費の減少はPA使用1回目から始まり、上限に達するまで、使用回数に合わせて減少していきます。

使用回数による消費PP合計

例として、消費PP20の同PAを連続使用した時の合計です。

同PA回数スキルLvと消費PP合計
3回Lv1:PP56
Lv2:PP56
Lv10:PP57
5回Lv1:92
Lv2:90
Lv10:90
7回Lv1:128
Lv2:124
Lv10:119
10回Lv1:182
Lv2:175
Lv10:155

同PAの使用回数が3回ではスキルレベル1・2振りより、10振りのほうが合計の消費PPが大きく、回数が増えると、当然ですがスキルレベル差によって合計に開きが出てきます。

その他の知っておきたいこと

  • ジャストアタックに失敗しても効果は途切れない
  • PAとPAの間に通常攻撃を挟んでもコンボが継続しセイムアーツPPセイブも持続する
  • 別のPAを挟むと効果が途切れる
  • ステップをしても効果が途切れる
  • ステップで攻撃を始動するエトワールDブレードの「コネクト」とは相性が悪い

テックアーツカウントボーナスとの併用

テックアーツカウントボーナスの効果は、「コンボ中に異なるPAを連続で使用すると、そこから一定回数のPAに対してPP消費が軽減されダメージボーナスを得る」。

スキルレベル最大で威力:115%、PP消費率:90%、持続回数:3回

異なるPAを使うと、次からの3回のPAに効果が乗るのですが、「PA1PA2PA2PA2PA2」と使用した場合、最初のPA2からテックアーツカウントボーナスが発動すると同時に持続回数が1消費されます。

異なるPAを使うと持続回数がリセットされるので、持続回数を維持して効果を乗せ続けるには、持続回数3回を消費する前に異なるPAを挟まないといけなくなります。

なので、テックアーツカウントボーナスLv10と併用する場合、セイムアーツPPセイブはPA1回または2回で上限回数に到達する1振り、または2振りで良い、むしろ3回連続を繰り返すなら10振りより2振りで止めたほうがPP効率が良いということになります。(上の使用回数と消費PP合計の表を参照してください。)

スキル取得の優先度

優先度は高め。ですが、振り方には注意が必要。テックアーツカウントボーナスを発動させながらセイムアーツPPセイブの効果を得るなら、スキルレベル1または2で止めるのがおすすめ。

テックアーツカウントボーナスは最優先で取りたいスキルなので、それに合わせてセイムアーツPPセイブを振るという感じですね。

なお、移動用にツリーを作っておきたいという場合は、好みのレベルまでスキルを振っていいと思います。

以上、Etスキル「セイムアーツPPセイブ」の効果についてでした。(テックアーツカウントボーナスについてはまた後日にでも詳しく書くかも。たぶん)

ではでは今回はここまで。最後まで読んでくれてありがとうございます。

エトワールのスキル効果の確認はこちら。

スキルツリーの振り方はこちら。

スポンサーリンク